第2回あざみ野笑いヨガクラブセッション開催レポート

7月6日(日)はビリー&ひろぴー夫婦による第2回目のあざみ野笑いヨガセッションを開催しました。
 
参加者は合計13名。うち、笑いヨガ初心の方が10名もおられたということで、主催者冥利につき大変ありがたい限り。

 

参加された方は地元のたまプラ・あざみ野地区中心に、川崎・宮前区、横浜・緑区の田園都市線沿線にお住まいの方々。笑いヨガを地域活動として行うのにあざみ野は良い立地だと思います。

 

今回は自己紹介にも時間をかけ、呼吸ラフター、挨拶笑い、ホホハハダンス等基本エクササイズ主体に、応用編としてストーリー仕立ての七夕笑い(笹の葉(そよかぜ⇔台風)、ストレスの毒出し、願い事、世界に向けての感謝、天の川)を行いました。

 

まだ、キャリアの浅いビリー夫妻だけに上手くできるかどうか正直プレッシャーで至らぬ点も多かったと思いますが、夫婦交互でリードを取り、十日市場ラフターのリーダーであるおちゃむさんに随所でサポートしていただき、大変助かりました。

 

また、私達夫婦がなぜ笑いヨガをやるに至ったのかというホームページに書いている記事について共感されて今回参加された方がおられました。これまでいろいろあったそうですが、「私達の自然な笑いに勇気づけられて感動した。」と、終了後に感無量の面持ちで御礼をされ、握手を求められたので私達は本当にびっくり。

 

これまで笑えなかった人達が笑えるようなきっかけとなるのがこの笑いヨガの場です。一人でも笑いを必要としている方にお目にかかって、喜んでいただいたことにむしろ私達が感動しました。少しでもお役にたったことが笑いヨガの一番の醍醐味ですね。

 

次回は9月上旬頃に開催する予定です。